社長挨拶

ディエスグループ代表 「北條 順吉」挨拶

“循環型社会の実現をサポート”
ディエスグループ代表 北條 順吉

この志を胸に、私たちディエスグループは歩みを続けています。

当グループは、1985 年に株式会社ディエスジャパンの前身である株式会社西日本パープルとして企業のデータセキュリティ事業からスタートし、OA サプライ分野へと事業を拡大してまいりました。設立当初から掲げてきた「共生」という企業理念が開花し、地球や人に配慮した「エコロジーのディエスグループ」として、全国に事業を展開しています。

主たる事業であるトナーリサイクルにおいては、全国 3 拠点(群馬県・岐阜県・福岡県)に自社工場を有し、月産 68,000 本の生産体制で稼動しております。また販売体制については全国 63 拠点に営業所を配置、北海道から沖縄まで全国をカバーし、自社便にてご注文翌日に商品をお届けできるよう日々営業活動に邁進しております。

また 2010 年 12 月にはグループの原点であるデータセキュリティ事業の一環として、不要となったパーソナルコンピュータのデータ消去サービスを開始すると同時に、現事業とリンクする不要 OA 機器の回収リサイクルサービスを開始、2014 年 3 月現在新規事業として順調に推移しております。

さらにグループの事業ドメインである「リサイクルビジネス」を強化するため、2012 年 7 月からプリンタの修理ならびに同メンテナンスサービスを開始、それと同時に“故障・不要”と判断されたプリンタ機器を再調整し、完全動作品として販売するビジネスを展開しております。

ディエスグループは、リサイクルビジネスはもとより、オフィスサプライ分野において日本全国に数多のトータルサービスを提供し、サプライ業界をリードしてきました。
1 年後には創業 30 周年を迎え、「エコロジー・リサイクル・共生」の企業理念のもと、新たなるステージを目指してまいります。

人と環境との共生を可能にする革新的なエコビジネスをさらに加速させるべく、私たちはこれからも全力で事業に取り組んでまいります。
より一層のご支援・ご指導をお願い申し上げます。

2014 年 3 月

ディエスグループ代表 北條 順吉の直筆サイン